海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ターミネーターのあらすじと感想~未来から来た殺人機械~

・あらすじ:

西暦2029年、人類に対して反乱を起こした人工知能スカイネットの攻撃によって人類は絶滅の危機に瀕していた。

しかし、人類側の指揮官であるジョン・コナーの登場により人類は抵抗を開始、反撃を開始する。

人類の予想外の反撃を防ぐため、スカイネットは未来からジョン・コナーが生まれる前の現代に殺人マシン「ターミネーター」を送り込み、ジョンの母サラ・コナーを殺してジョンが生まれることを阻止することを計画する。

それを察知した人間軍側もターミネーターに対抗して兵士カイル・リースが送り込まれてくる。

ともに「サラ・コナー」という女性を探して1984年の町をさまようターミネーターとカイルは、ほぼ同時にサラの居場所を見つける。

かたやサラの命を狙うターミネーター、かたやサラの命を守るカイル、サラの命と人類の存亡を賭けた二人の死闘が始まった。

・見どころ:

のちに何作ものシリーズが作られることになる「ターミネーター」シリーズの第一作です。

と同時に、この映画はアーノルド・シュワルツェネッガーの出世作でもあります。

「ターミネーター」以前にもアーノルド・シュワルツェネッガーは「コナン・ザ・グレート」などといった作品に出演していましたが、この映画で一躍ハリウッドスターの仲間入りを果たしたといえるでしょう。

共演のマイケル・ビーンは後に「エイリアン2」にも出演しており、彼もまたアクションスターとしてのキャリアを重ねていくことになります。

また、現在では「タイムパラドックス」の典型的なテーマとして語られることの多い本作ですが、この映画が公開された当時はそれほど一般的にも認知されていなかったテーマであることを考えると、監督であるジェームズ・キャメロンの先見性には驚くばかりです。

・感想:

この映画を見るうえで必ずといって良いほど語られるのが終盤の「プレス機でつぶされるターミネーター」です。

未来のテクノロジーで開発され、タンクローリーの爆破にも耐えるほどの強固な装甲をもったターミネーターがあんな工場のプレス機でつぶれるのか、むしろプレス機の方がつぶれるのではないかと自分も思ったものでした。

確かに「ご都合主義的な演出」といえばそれまでではありますが、あそこで重要なのはプレス機でつぶされたことよりもサラがとどめをさしたという点にあると最近思うようになりました。

その後サラが「審判の日」を防ぐために活動することへつながるラストにするためには、あれは必要なシーンだったと思うのです。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す