海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ダークナイトのあらすじと感想~最凶の道化師と最狂の検事~

・あらすじ:

ゴッサム・シティで犯罪者と日夜闘い続けるバットマン

そんなゴッサム・シティにある日正体不明の犯罪者・ジョーカーが出現する。

ジョーカーは白昼堂々マフィアの息のかかった銀行で強盗をするとそのまま姿を消してしまう。

バットマンはゴッサム・シティ市警のゴードン、そして地方検事ハービー・デントと協力してマフィアのマネーロンダリングを阻止しマフィアの多くを投獄することに成功する。

ハービー・デントの鮮やかな手腕を高く評価していたバットマンことブルース・ウェインは彼こそがゴッサム・シティの真のヒーローと考え、バットマン引退も考え始めるようになる。

そんな中マフィアは、ジョーカーの提案する「全資産の半分を報酬にバットマンを殺す」策を受け入れる。

ゴッサム・シティに暗躍するジョーカーは、予測もつかないような数々の劇場型犯罪を繰り出し、バットマン抹殺に向けて動き出すのだった。

・見どころ:

もはや説明不要のバットマン映画の最高傑作です。

いわゆる「ダークナイト三部作」の2作目ですが、正直なところこの1作だけで良いといわれるほど完成度の高い映画となっています。

この映画では、かつてジャック・ニコルソンが演じたバットマンの宿敵ジョーカーが登場しますが、その出自について明確な説明や描写はありません。

そのため、まさに「正体不明」と言ってもいいジョーカーの存在感が際立っており、悪役ではありながらバットマンを完全に食ってしまっています。

ジョーカーを演じたのは早世したイケメン俳優ヒース・レジャーですが、この作品の直後に死亡したということを差し引いても、まさに「鬼気迫る演技」で多くの人を魅了しました。

ダークナイトの主演はクリスチャン・ベールですが、本当の主役はまさにヒース・レジャーであるといえるでしょう。

・感想:

この映画の真の主役はヒース・レジャーであると多くの人が認めるところですが、この映画にはもうひとり忘れてはならない人がいます。

それは、トゥーフェイスことハービー・デントを演じたアーロン・エッカートです。

彼自身はSF映画は荒唐無稽としてそれほど好きではないといった発言をしていますが、この作品をはじめ「ザ・コア」「アイ、フランケンシュタイン」などSF要素の強い作品に数多く出演しています。

好きではないと言いつつもオファーがあれば受けるその仕事に対する真摯な姿勢もあり、個人的にはとても好きな俳優です。

そんな彼の活躍?もぜひ見ていただきたい作品です。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す