海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ランボーのあらすじと感想~孤独なベトナム帰還兵と終らない戦争~

・あらすじ:

ベトナムからの帰還兵ジョン・ランボーは、かつての戦友を訪ねてとある町へとやってきた。

しかし、既にその戦友は死亡しており市街地へと入ったランボーに保安官ティーズルが声をかけてくる。

ランボーの姿に、何か事件を起こしそうだと直感をしたティーズルはそれを未然に防ぐためにランボーを確保、取り調べを行う。

拷問まがいの取り調べに、かつてベトナムで受けた拷問がフラッシュバックするランボー。

そして、ついには取調室にいた警官を素手で叩きのめし、彼は脱走する。

山へと逃げ込んだランボーを追いかけてティーズルたち保安官が山狩りを開始するが、ベトナム仕込みのゲリラ戦法で次々と保安官たちは無力化されていく。

だがそんなランボーに対して州警察と州兵によって対策本部が設置され、戦闘はさらに本格化していくのだった。

・見どころ:

「ロッキー」と並ぶシルベスター・スタローンの代表作のひとつです。

この映画では、とにかくスタローンのアクションばかりに目が行きますが、そのストーリーの根底に流れるのはベトナム戦争がアメリカに落とした影響です。

ベトナムからの孤独な帰還兵ランボーの目を通して戦争が残したものを問いかける、というのは少し穿った見方でしょうか。

たったひとりで州警察や州兵と戦うランボーは、元ゲリラ戦のエキスパートであるということもさることながら、それ以上に鍛えぬかれたスタローンの肉体が一定の説得力を与えています。

「あんな肉体の持ち主が相手なら仕方ないか」と思わせるだけの謎の説得力、それがシルベスター・スタローンという役者のもつ魅力の一つであることは言うまでもないでしょう。

・感想:

この映画を一言で表すと「男汁全開」といったところでしょうか。

その理由は明白で「名前のある女性キャラ」が皆無という点にあります。

アクション映画なのでどうしても「男くさい」映画にはなるのですが、ここまで女性キャラが出ない映画というのは、現代ではちょっと考えられないでしょう。

もちろん画面上に何らかの女性が映ることは映るのですが、そのほとんどが「端役」です。

ゆえに、この映画が観たいと思うのは女性ではなく男性の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

この当時のスタローンといえば、「ロッキー」にも見られるようなストイックでシリアスな雰囲気が漂います。

シルベスター・スタローンはただの肉体派俳優というだけでなく自身で脚本や監督もこなすほどの多才の人ではありますが、やはり全盛期のスタローンを語る上でこの作品は外せない一本であるといえるでしょう。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す