海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ロボコップのあらすじと感想~最強の人間は最強の警官~

・あらすじ:

犯罪都市デトロイト。

この街を支配するのは「オムニ社」という軍産複合体企業である。

オムニ社では深刻化する街の犯罪を鎮圧するため、ED-209というロボットの開発を進めていた。

そんなある日、警察官のマーフィはマフィアであるクラレンス一味を追い詰めるものの逆襲にあい惨殺されてしまう

犯罪鎮圧・撲滅を目的とした戦闘ロボットの開発を進めているオムニ社は、そんなマーフィの肉体を利用し、「ロボコップ」を完成させる。

ロボコップは数々の犯罪者を逮捕しデトロイトの街で一躍有名になっていく。

しかし、ある日ロボコップはマーフィだった頃の記憶の断片に悩まされ…。

・見どころ:

近年になってリメイク版が製作された「ロボコップ」ですが、ここではオリジナル版を紹介します。

このロボコップは、単なるサイボーグ刑事ではなく人間を生体ユニットとして利用しているという設定があり、自身のアイデンティティに悩む場面がスリリングに描かれています。

そんなロボコップのメタリックに輝くボディは日本の特撮「宇宙刑事ギャバン」にインスパイアされてデザインされたというのは有名な話です。

ただし、ストーリーは極めて陰惨であり、残酷な描写も多数あります。

ロボコップのメタリックボディと陰惨なストーリー展開とのギャップもまた、この映画の見どころといえるかもしれません。

・感想:

初めてこの映画を見た時、日本の特撮ヒーローのような爽快なアクションを期待したのですが、それは良い意味で裏切られました。

この映画は「アクション映画」にカテゴライズされる作品ではありますが、そのストーリーの根底にあるのは一人の男が自らのアイデンティティを取り戻すまでの崇高な「人間ドラマ」にあります。

ロボットが主役(?)の映画ではありますが、それだけに良質な人間ドラマが展開されるというのは脚本と演出の妙と呼ぶほかありません。

また、主演のピーター・ウェラーの演技も特筆すべきポイントであるといえるでしょう。

「ロボコップ」はこの後続編が製作され、2014年にはリメイク版も公開されましたが、やはりこのオリジナル版の完成度が高かったというのが大きな要因ではないでしょうか。

やはりアクション映画だからといってドラマ部分をおざなりにしていては映画の完成度を高めることはできませんし、「ロボコップ」はこうした点についてもきっちりと丁寧に描きこんだからこそ高い評価を受けているのではないでしょうか。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す