海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

少林寺三十六房のあらすじと感想~復讐心を胸に秘め、少林寺での修行~

・あらすじ:

時は清の時代に移行したばかりの中国、かつての明の時代を復興させることを望む漢民族たちは、「武の総本山」少林寺にその希望を託していた。

学生だった三徳も自身の師が反清運動をしていたことから自らもその運動に加わるが、

その運動が露呈したため学友はおろか家族まで惨殺されてしまう。

復讐を誓う三徳は、少林寺での修行を決意、出家して少林寺へと向かう。

少林寺では三十五の房があり、それぞれ平衡感覚や視力、腕力などの基本技術をはじめ武器を用いた格闘術などを修行することとなっていた。

自ら望む復讐心、そして強くなりたいと願う三徳は少林寺の中でもめきめきと実力を高め、ついにはわずか5年という異例の早さで三十五房の制覇を成功する。

三徳は三十六番目の房を新設し、多くの人に少林拳を広めたいと願い出るが少林寺の高僧たちはこれを却下、そのかわりに三徳に下山を許す。

少林寺で修行を終えた三徳の復讐が始まった。

・見どころ:

この映画の最大の見どころは、その奇想天外な修行の数々です。

両腕に刃物をつけた状態でまっすぐに手を伸ばしバケツいっぱいの水を運ぶ、異様に長い竹竿の先についた重りで鐘を叩く

光の当たる方向に向かって拳を打つ、などなどすさまじいの一言です。

そもそも食堂に行くだけのルートにも水を張ったプールのようなものがあり、そこに浮いている「浮木」を通らなければいけないという徹底ぶり。

しかも濡れたままでは食事をとることも許されないわけですから、少林寺の修行は日常生活にまで及んでいます。

最初はなんとかズルをしようと考える三徳でしたが、少しずつ実力をつけていく様子が見ていて面白い映画です。

・感想:

この映画の根底に流れるテーマは「復讐」「清と明の対立」などのように極めて重苦しいものです。

しかし、「見どころ」でも述べたように修行シーンが映画全体のおよそ3分の2をしめていることからもわかる通り、

この映画の主題はあくまでも「修行」です。

三徳は修行を終えた後かつての宿敵に対して復讐を実行しますが、この部分についてもほとんど蛇足です。

少林寺で修行を終えた三徳にもはや敵はいない

といわんばかりに宿敵を文字通り「無双」するシーンは、修行シーンが長く描写されていただけに圧倒的なカタルシスを感じることができました。

この映画は長らくメディア化もされていませんでしたが、

最近になってその後作られた続編と同時にDVD化もされており、BSなどで放送される機会も増えています。

コアなファンも多い傑作といえるでしょう。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す