海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

トレマーズのあらすじと感想~砂漠の町を襲う巨大生物の震動~

・あらすじ:

便利屋を営むバルとアールのコンビは、ネバダ州の砂漠の町パーフェクションで地震学を研究する女子大学院生のロンダと出会う。

ロンダの話ではこの町の地中で異常な震動が観測されているのだという。

その頃町では謎の不審死を遂げる人が相次いでいた。

ある者は鉄塔によじ登ったまま死んでおり、またある者は地中に引きずり込まれて死亡。

数々の異変の原因が地中に住む謎の巨大生物による仕業であることを知ったアルたちだったが、町の電話線は巨大生物「グラボイズ」によって切断され、そのうえ道路も寸断されてしまう。

完全に孤立した町の中で、グラボイズ対人間の生死をかけたバトルが始まった。

・見どころ:

見たところ「B級映画」のカテゴリーに含まれるかもしれませんが、それでいてアクションとアドベンチャー、さらにユニークなセリフ回しなどよくできた作品です。

この映画がヒットしたこともありその後3作もの続編が作られました。

ちなみに、この映画には謎の巨大地底生物が登場しますがその生物の名前は「グラボイズ」であって「トレマーズ」ではありません。

では「トレマーズ」とはどんな意味なのかといえば、これは「震動」という意味があるそうです。

冒頭で地中の奇怪な震動を調べていたことや、グラボイズが地中の震動を利用して獲物を探知していたことなどがこの映画で描写されています。

タイトルが「震動」を意味する言葉であることがわかると、より映画の内面が奥深く感じられるのではないでしょうか。

・感想:

この映画にはこの後3本の続編が作られましたが、私は未見です。

ひとつは「続編に名作なし」という持論があること、そしてもうひとつはバルを演じたケビン・ベーコンが出ていないことです。

ケビン・ベーコンは私の好きな役者さんなのですが、この映画では非常に生き生きとした躍動感に満ち溢れており、彼の出ない「トレマーズ」は見る気がしない、というのが主な理由です。

続編にはバルの相棒アールを演じたフレッド・ウォードが主演として引き続き登場します。

バルの相棒であるアールをはじめ、ガンマニアのバートやその妻ヘザーなど、砂漠の町に住む人たちは個性的な住民たちばかりなのですが、そんな彼らが引き立つのも主演のケビン・ベーコンがいるからこそです。

もっとも、この映画の本当の主役はケビン・ベーコンでもフレッド・ウォードでもなく、地中に住む謎の巨大生物「グラボイズ」なのかもしれませんが。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す