海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

星の王子ニューヨークへ行くのあらすじと感想~エディ・マーフィが魅せる「愉快な演技」~

星の王子

・あらすじ:

アフリカ大陸にある国・ザムンダは小さいながらも豊かに繁栄した国だった。

その国の王子・アキームは幼い頃から何不自由なく育てられ、意思決定すら自分自身でできないことに対し不満を抱いていた。

ある日アキームの父でありザムンダの国王ジョフィはアキームの結婚相手としてイマニという女性を紹介する。

これに対しアキームは生涯の伴侶となるべき結婚相手は自分で探すことを宣言、国王もまたこれを承諾し、40日間の限つきで世話係のセミとともに「花嫁探し」の旅に出る。

こうしてニューヨークにやってきたアキームは、下町のアパートにセミとともに暮らし始める。

これまでザムンダの外に出たことのなかった彼にとってニューヨークは見るもの全てが新鮮だったが、なかなか理想とする女性に出会うことができない。

そんなある日アキームは慈善パーティに参加、そこで彼は主催者のマクドゥーエル家の娘・リサと出会い、彼女こそ探していた女性と直感するのだが…。

・見どころ:

エディ・マーフィといえばどの作品をイメージするでしょうか。

「ビバリーヒルズ・コップ」や「ハーレムナイト」「ゴールデンチャイルド」など様々な代表作をもつエディ・マーフィですが、その中でも設定のユニークさで選ぶならやはりこの映画でしょう。

特に冒頭のザムンダ国におけるアキームの「お世話」ぶりはやり過ぎを通り越して完全に「お笑い」の域にまで達しています。

このあたりはさすが稀代のコメディアンだけあって、「見せ方」は十分な演技となっています。

また、エディ・マーフィお得意の「しゃべり」もこの映画では存分に楽しむことができ、洒落たセリフから下ネタまでまさに「なんでもあり」の展開に最初から最後までずっとニヤニヤさせられることでしょう。

・感想:

この映画そのものは実に古い作品です。

公開が1988年ということですので、およそ30年近く昔の映画ということになります。

それでもなおこの映画を見るとついつい笑えてしまうのは、やはり主演のエディ・マーフィの実力によるところが大きいと思いました。

携帯電話やパソコンといった小道具はこの当時はまだありませんし、映像全体の雰囲気は当然ながら「古さ」を感じさせる構成となっています。

そのうえで現在の目線でこの映画を見てもついついクスリとさせられる、それはエディ・マーフィの恐るべき才能によるところでしょう。

個人的には彼の出演作の中ではこれが最高傑作と思います。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す