海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

舞妓Haaaan!!!のあらすじと感想~宮藤官九郎の舞妓エンターテイメントどす~

・あらすじ:

京都を舞台に活躍するが大好きな会社員・鬼塚公彦

彼は高校生の頃、修学旅行で訪れた京都で迷子になった際に舞妓の協力で難を逃れたことから、それ以来舞妓の虜となっていたのだった。

そのため、舞妓と「お座敷遊び」をすることが彼の人生の目標であり夢でもあったのだ。

そんな折、公彦は会社の人事異動で念願の京都支社への転勤を命じられる。

これで舞妓遊びができると意気込む公彦だったが、そこには「一見さんお断り」という京都のお茶屋伝統のシステムの壁があった。

そんな公彦に想いを寄せる同僚OLの富士子は会社を退職し公彦へのあてつけから舞妓の世界に飛び込む。

また、京都では野球選手であり公彦のライバルとなる内藤貴一郎との出会いが公彦を待っていた。

京都を舞台に公彦の舞妓に対する情熱が交錯する。

・見どころ/感想

宮藤官九郎といえば、「あまちゃん」をはじめその独創的な世界観から多くのファンを持つ脚本家です。

その宮藤官九郎が劇場用映画のために書き下ろしたのがこの作品であり、舞妓に対する偏愛的な情熱を傾けるサラリーマンを阿部サダヲが熱演しています。

この映画では宮藤官九郎らしいセリフ回しの数々もさることながら、阿部サダヲの怪演がとにかく光ります。

あそこまで突拍子もない役はおそらく阿部サダヲにしかできないでしょうし、宮藤官九郎もおそらく阿部サダヲが出演することを前提として脚本を書いていると思われます。

それほど役柄と脚本との親和性は高く、見ていて素直に楽しい、面白いと思える内容に仕上がっています。

共演陣も豪華でヒロインとなる柴咲コウをはじめ、堤真一真矢みき、さらにはチョイ役で北村一輝山田孝之を起用するという贅沢さ。

肩の力を抜いて思い切り楽しめる映画であることまちがいなしです。

・感想:

阿部サダヲという役者は以前から知っていて、「何か個性的な俳優だな」という印象しかなかったのですが、この映画ではそんな彼の魅力が大爆発します。

もちろん阿部サダヲがただの個性派俳優というだけでなく、確かな演技力ももっているからこそこの映画の完成度も高いものに仕上がっているのです。

見ていて「滑稽」なほど舞妓に入れ込む公彦ではありますが、かといって変態というわけでもありませんのでそのあたりのバランスの良さは、さすが宮藤官九郎といったところでしょうか。

見どころでも少し触れましたが、チョイ役として出てくる北村一輝の奇怪な演技にも注目です。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す