海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

大脱走のあらすじと感想~脱出不可能な収容所から脱走せよ~

あらすじ:

第二次大戦中、ドイツ軍は各地に捕虜収容所を設置し連合軍の捕虜を収容していたが彼らの脱走による後方支援に戦況は混乱していた。

そこで建設されたのが脱走不可能といわれるルフト第三空軍捕虜収容所であり、

そこに「脱獄王」との異名をとるヒルツら他の収容所からの脱走の常習者が移送されてきた。

ルフト第三空軍捕虜収容所は監視がしやすい広い敷地に作られており、

最も近い森までは最低でも100メートルもの距離があるという立地。

しかも周囲は鉄条網に覆われ常に歩哨が監視にあたっている。

捕虜のひとりで「ビッグX」と呼ばれる大物・バートレット

収容所の地下にトンネルを掘って250名もの捕虜を脱走させる計画を立てる。

ヒルツも加わり脱走計画が始まった・・・!

見どころ:

ジャンルとしては「戦争映画」にカテゴライズされることの多い本作ですが、

もはや説明不要の名作であることは間違いがないでしょう。

誰もが一度は耳にしたことがあるであろう「大脱走マーチ」に始まり、

綿密に練られた脱走計画、数々の困難に立ち向かう男たちの不屈の闘志、

スティーブ・マックィーンのバイクシーンなどなど、長丁場の映画ではありますが随所に盛り上がるシーンが多数用意されています。

中でも特に見どころといえるのが、「統率のとれたトンネル工事」シーンでしょう。

穴を掘って出た土はどう処理するのか、トンネルを補強するために必要な機材はどうやって調達するのか、

見ていて少し微笑ましくなるようなシーンもあり、見ていて飽きさせない仕掛けがいっぱいです。

感想:

この映画の主演はスティーブ・マックィーンですが、

もちろん彼以外にもリチャード・アッテンボローチャールズ・ブロンソンなどオールスターキャストが出演しています。

個人的には「バトルガンM16」や「スーパーマグナム」などといった

バイオレンス映画の常連だったチャールズ・ブロンソンの若いころが見ることができて楽しい映画でした。

映画ではヒルツことスティーブ・マックィーンとほとんどからみがありませんが、トンネルを掘る重要な役どころで出演しています。

ちなみにこの映画には、ほとんどと言って良いほど「女性キャラ」が出てきません。

とにかく全編暑苦しい男・男・男の男づくしの映画です。

おそらく今なら(キャスティングという意味でも)制作することが難しい映画のひとつでしょう。

作劇上女性キャラがいなくても成立する映画なので、暑苦しい男ばかりの映画はちょっと…と敬遠せずにぜひ見ていただきたい名作です。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す