海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

死刑台のエレベーターのあらすじと感想~あの人を殺して私を奪って~

・あらすじ:

 

芽衣子は巨大企業「手都グループ」の会長夫人だったが、グループの傘下企業で働く医師・時藤愛人関係にあった。

自身の夫であり手都グループの会長である孝光を殺すように芽衣子に依頼された時藤は極秘裏に入手した拳銃で孝光を殺害する。

そして孝光に拳銃を握らせて自殺をしたかのように見せかけるが、時藤はビルから出る際にエレベーターが緊急停止したために閉じ込められてしまう。

折しも殺害現場のビル付近では警官である赤城が拳銃を奪われていた。

赤城の恋人である美加代は拳銃を奪った男が暴力団組長の神に拳銃を渡す場面を目撃する。

赤城は神を追跡するためにキーがささったままの時藤の車に目をつける。

時藤は美加代は働く美容室を利用したことがあり、面識もあったことから赤城と美加代は時藤の車で神をおいかける。

その頃カフェで時藤を待つ芽衣子は、約束の時間になっても時藤が現れないばかりか、赤城の運転する時藤の車に美加代が乗っていることから時藤が裏切ったと誤解してしまう。

・見どころ:

この映画はもともとフランスで作られた同名映画のリメイク作です。

登場人物がクセのある俳優・女優ばかりであり、なんとも破滅的願望の強い人たちばかりが揃っています。

中でも吉瀬美智子はまさにはまり役とも言えるフィットぶりを見せており、こんな女を前にしたらそりゃ阿部寛でなくても人生狂わされることでしょう。

・感想:

この映画を見て思うことは、阿部寛の「詰めの甘さ」かな、という点です。

そもそもあんなところに高級オープンカーをしかもキーをつけっぱなしにしていれば盗まれても文句はいえないでしょう。

また、これから人殺しをするというのにビルのメンテナンスのことを考えていなかったという点も少し準備が整っていなかったなと思います。

もっとも、何はさておき吉瀬美智子のような「魔性の女」を前にするとなかなか準備万端というわけにはいかないかもしれません。

阿部寛自身はビジュアル的にも吉瀬美智子と並んでも申し分のないスタイルではありますが、この映画では実際に彼女と並ぶ場面はほとんどありません。

もっといえば、「エレベーター」というタイトルこそついているものの場面としては赤城役の玉山鉄二とその恋人である北川景子の出番が中心ではないでしょうか。

悪いことをすれば物事はことごとく悪い方へしか進まない、そんな教訓めいたことを体現した映画と思いました。

「アウトレイジ」とは違った意味で「全員悪人」かもしれません。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す