海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ホーム・アローンのあらすじと感想~子供の知恵で泥棒を撃退~

ホームアローン

・あらすじ:

シカゴに住むマカリスター家ではクリスマスをパリで過ごすために家族旅行の準備をしていた。

親戚一同が家に集まり、準備とパーティを進める中マカリスター家の末っ子であるケビンだけは家族から「邪魔者扱い」されていた。

家族旅行当日、マカリスター家の人々は目覚まし時計のトラブルから全員寝坊してしまい、慌てて空港へと急ぐ。

なんとかパリ行きの飛行機には乗れたものの、飛行機の中で母親はケビンを家に置いてきてしまったことに気づくのだった。

一方ケビンは目を覚ますと家族が誰もいないことに気づくも、普段口うるさい家族がいなくなったことから自由を満喫することに。

だが、誰もいなくなったマカリスター家をハリーとマーヴの泥棒コンビが狙っていた。

そのことに気づいたケビンは、家を自分ひとりで守るために日用品を武器に泥棒たちを迎え撃つ。

・見どころ:

言うまでもなくマコーレー・カルキンの出世作です。

この映画では、マコーレー・カルキン演じるケビンが数々の日用品と知恵を駆使して泥棒を迎撃します。

この泥棒との対決シーンは非常にコミカルに描かれており、中でも泥棒のひとりハリーを演じたジョー・ペシの演技は非常に素晴らしいものがあります。

よくマコーレー・カルキンの大人顔負けの演技が注目されがちなこの作品ですが、バイプレーヤーであるジョー・ペシの名演技があってこそ光る作品だったのではないでしょうか。

また、この映画で語られる最大のテーマは「家族」です。

序盤ではとにかく家族から邪魔者扱いされるケビンですが、実は家族から愛されていたことがわかるラストシーンは、少しホロリとさせられます。

・感想:

この映画はマコーレー・カルキンが大人をナメきった映画だという先入観がありましたが、実はそうではなく、子供の知恵でなんとか危機をのり切ろうとする映画だったことに気づきました。

それとともにもうひとつ忘れてはならないのが、ケビンの隣人であるマーリーの存在です。

当初はケビンたちマカリスター家の兄弟に恐れられる存在でありながら、実は彼もまた家族との間に「溝」を感じており、それをケビンに癒やされ家族と和解をする描写は素晴らしい演出となっています。

この映画はのちにハリー・ポッターシリーズを撮影することになるクリス・コロンバスが監督をしていますが、この映画で培った演出が後のハリー・ポッターシリーズにつながっていると思います。

ただのドタバタコメディで終わらせず、見せるべきテーマはきっちり見せる良い映画でした。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す