海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

夢のチョコレート工場のあらすじと感想~金のチケットをもらって工場を見学に行こう~

・あらすじ:

貧しい家に暮らすチャーリーは、新聞配達のアルバイトをしながら家計を助けていた。

そんなチャーリーが夢見るのが世界中で大人気の「ウィリー・ワンカ」製のチョコレート工場の見学だった。

ある日のこと、そのウィリー・ワンカが「生産するチョコレートの中に5枚だけ金色のチケットを同封する」といった告知を発表する。

そのチケットを引き当てた子供は保護者とともに完全非公開とされてきたチョコレート工場の見学をすることができ、そのうえ副賞も与えられるという。

世界中でチケットをめぐりチョコレートの購入が行われ、その結果幸運にもチケットを手に入れた子どもたちがワンカのチョコレート工場へと招待される。

そしてチャーリーもまた、その中に招かれることになったのだが…。

・見どころ:

ジョニー・デップ主演の映画「チャーリーとチョコレート工場」のオリジナル作品がこちらの映画です。

あまりにも「チャーリーとチョコレート工場」が有名になりすぎたためにこちらの作品に対する知名度と評価は今ひとつな部分もありますが、実際に見てみるとオリジナル作品にも様々な優れた部分があることがわかります。

特にウンパ・ルンパの描写はこの映画の最も秀逸な場面のひとつでしょう。

「チャーリーとチョコレート工場」ではCGで表現していたウンパ・ルンパですが、こちらの映画では小さな役者を起用して表現しています。

なにしろ作られた年代が1971年ですので、現代と比べるとやはり映像技術においても大きな差があるのは事実です。

それでも工夫を凝らしてサイケデリックな世界観を再現したことはやはり評価に値するといえるでしょう。

・感想:

この映画を見て思い出したことがあります。

それは子供の頃「ビックリマンチョコ」を買って、シールだけ集めてチョコは食べない…といった出来事です。

この映画では「チケットのせいでチョコレートが美味しくない」といったセリフが出てきますが、チケット欲しさにチョコレートをいっぱい買ってもそれを食べない場面につながります。

「チャーリーとチョコレート工場」に比べるとやはりセットなどは見劣りする部分も少なからずあるものの、根底に流れるテーマは同じですので、途中から美術的な違和感はそれほど気にならなくなりました。

不思議な世界観をあの当時に再現したという創意工夫や、あの当時からチョコレートは子どもたちの人気商品だったことなどいろいろと感慨深い作品だったと思います。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す