海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ショーン・オブ・ザ・デッドのあらすじと感想~感染するまで笑わないゾンビ映画~

ショーン・オブ・ザ・デッド

・あらすじ:

電気屋で働くショーンは、部下からの人望はなく恋人であるリズや義父フィリップからも罵られてばかりの典型的なダメ人間だった。

リズに振られたショーンは、なじみのウィンチェスター・パブで親友のエドと酒を朝まで飲み明かし、その翌日二人は酔っぱらいの女性にからまれる。

しかし、その女性は実は酔っぱらいではなくゾンビだった。

気がつけば街中はゾンビだらけ、ショーンはエドとともに武器をもってゾンビに立ち向かう。

途中でフィリップが負傷したことを知ったショーンは、このゾンビだらけの状況を恋人リズとヨリを戻すチャンスと判断、エドと協力してウィンチェスター・パブにリズを連れて避難しようと試みる。

次々に出現する大量のゾンビ、そして数々の試練。

果たして彼らは生き延びることができるのか。

・見どころ:

この映画は、ゾンビが登場することからホラー映画にカテゴライズされますが、コメディや恋愛映画としての要素も散りばめられており、そのバランスが非常に秀逸な作品に仕上がっています。

主人公ショーンが典型的なダメ人間であるという点も、ゾンビ映画にはなかった斬新な設定であり、そんなショーンが巻き起こすゾンビとの格闘もコメディとホラーとの境界ギリギリのところで展開されます。

たとえば対ゾンビ用武器として店のレコードを投げるシーンがあるのですが、投げても良いものとそうでないものとを選んで投げたり、と絶妙なギャグシーンが盛り込まれており、それでいて義父フィリップがゾンビ化したり、とシリアスな演出も決して忘れてはいません。

こうしたコメディとホラーとの絶妙なバランスがこの映画のもつ最大の持ち味として発揮されています。

もちろんゾンビの造形にも手抜きはなく、ジョージ・A・ロメロ監督の名作「ゾンビ」に対するオマージュとしても見応えのある作品です。

・感想:

ホラー映画の中でも「ゾンビ映画」はひとつのジャンルとして定着していますが、その一因ともなったのがジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」です。

この映画はそんな「ゾンビ」に対する果てしないオマージュとして作られていますが、ホラー一辺倒の作品というわけではなくむしろコメディカラーの方が強いため、「怖さ」よりも「面白さ」が前面に出ています。

恋愛映画的な要素もありますが、この要素はそれほど色濃くはありませんでした。

それでもラストはハッピーエンドに落ち着くあたり、最後まで安心して見ていられた映画だったと思います。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す