海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ディープブルーのあらすじと感想~脱出不可能の海の孤島に迫るサメ~

・あらすじ:

太平洋上に建設された医学研究施設アクアティカで、アルツハイマー病についての研究開発をしていたスーザンは、そこで飼育されているサメの脳細胞を利用して治療薬の開発に取り組んでいた。

だが飼育していたサメの1頭が逃げ出し、付近をクルーズ中だったヨットを襲撃、なんとか事態を収拾するもののアクアティカの閉鎖が告げられる。

だがスーザンはそれを拒否、アクアティカでの研究が最終段階にきていることを証明するために飼育されているサメの脳に投薬を行う。

結果としてサメの脳は予想以上の活性化に成功するが、その直後サメが突然暴れだす

なんとかサメの襲撃から逃れたスーザンたちだったが、要請した救助ヘリはサメによって撃墜され、さらにアクアティカはサメの襲撃で施設全体のシステムがダウンするという事態に見舞われる。

救難信号すら出せず、海上で完全に孤立したスーザンたちに脳が活性化されたサメが迫る…!

・見どころ:

巨大なサメが襲ってくる映画といえば「ジョーズ」があまりにも有名ですが、この映画では遺伝子操作によって高い知能を得たサメが相手です。

そんなサメの襲撃シーンはCGがふんだんに使われていますが、そのCG技術はかなりの完成度となっています。

というのは、この「ディープ・ブルー」が撮影された年というのが1999年

まだギリギリ20世紀であることを考えると、ここまで優れたCG技術が既に存在していたことは驚くほかないでしょう。

また、この映画は本当にあっけなく人がサメにやられていきます。

もっともらしいことを言ってサメと対決するリーダーになるかと思われた人があっさりとサメにやられます。

とにかく容赦がないサメの攻撃の数々に果たしてサバイバルはできるのか、次から次へと「絶望的な状況」が連発するなんとも恐ろしい展開が続きます。

なにしろ相手は人間並の知能を備えた怪物サメなので、この点が「ジョーズ」の巨大ホオジロザメと異なるところです。

感想:

サメに襲われてもなお内輪もめをやめない人間、そしてそんな彼らを導こうとするサミュエル・L・ジャクソン

その直後にサメにあっさりやられるサミュエル・L・ジャクソン。

このシーンを見て思ったのは「彼ほどの役でも生き残れないのか」という強烈な絶望感とリアリティです。

本当の意味での極限状態になってもなかなか団結できない人類に対するアンチテーゼとしてサメが大暴れすると考えると、なんとも深いテーマ性をもっているのかもしれません。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す