海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ハロウィンのあらすじと感想~悲鳴が絶叫になる地獄の収穫祭~

ブギーマン

・あらすじ:

1963年のハロウィンの夜、イリノイ州ハドンフィールドで殺人事件が起こる。

殺されたのはマイヤーズ家の長女・ジュディス、そして犯人は彼女の弟で6歳のマイケルだった。

マイケルはすぐに精神病院に入院することになり、彼を診察したルーミス医師はマイケルが善悪の判断ができない極めて危険な患者であると診断する。

それから15年後、21歳になったマイケルは病院から突如脱走ハロウィンマスクとナイフを手に入れた彼は自身の妹であり高校生であるローリーの命を狙う。

そんなマイケルをかつての担当医・ルーミスが追う。

・見どころ:

この映画に登場する殺人鬼・マイケル(ブギーマン)は、他のホラー映画のキャラクターであるジェイソンやレザーフェイス同様にマスクをかぶっています。

そもそもこの映画の舞台となるのがハロウィンであることから、街中は仮装した人であふれており、マイケルが変なマスクをかぶっていても「仮装」で片付けられてしまう。

日常のなかに不審者がまぎれこむというなんとも不気味な場面が展開されます。

そんなマイケルですが、ジェイソンやレザーフェイスなどと異なりマスクの下の素顔は決して奇形の醜い顔というわけではありません。

むしろいたって普通の顔をしていますが、素顔になっても「表情」というものが皆無なため、それがまたマイケルの不気味さを際立たせています。

マスクをかぶっているため表情が見えないうえ、マスクをとっても表情がないマイケルという設定は他のホラー映画のキャラクターと比べても特異な存在ではないでしょうか。

言葉も一切話すことなく、ただ淡々と殺人に明け暮れるマイケルですが、その殺人には一定の目的があり、自身の出自であるマイヤーズ家の血脈を根絶することがひとつのテーマとなっているようです。

・感想:

この映画は「13日の金曜日」や「エルム街の悪夢」と同様に数多くの続編が作られシリーズ化されましたが、シリーズを追うごとに少しずつインパクトが下がってきたような気がします。

これは「13日の金曜日」がシリーズが進むごとにパワーアップしていったことと真逆であり、「ハロウィン」については第一作が最も強烈な印象を残した作品といえます。

ちなみに、私はこの映画で初めて「ハロウィン」という言葉を知ったので、本当なとても恐ろしいイベントなのではないかと思っていました。

不審者が堂々とまぎれることができるこのイベント、ある意味考えものです。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す