海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ER緊急救命室の口コミ・レビュー・評価!みんなの感想は?

ER緊急救命室

ER緊急救命室を見る前に面白いのか?つまらないのか?って気になりますよね。

そこでこの記事ではER緊急救命室を実際に見た人の口コミやレビューや評価をまとめました。

ER緊急救命室を見るかどうか決める前にぜひ参考にしてください。

 

ちなみER緊急救命室の動画を見るなら、Huluがお勧めです。

※定期的に作品が入れ替わるので、ER緊急救命室が配信されているかどうかはHuluの公式ホームページにてご確認ください。

ER緊急救命室は面白かったというレビュー・口コミがたくさん!

・一度はチェックしておきたい、王道のドクターシリーズ

ドクターXなどの、いわゆる「医療モノ」が好きな方がどっぷりハマるのがER緊急救命室です。

シーズン15まで続いていることからも、アメリカでは知らない人のいないご長寿ドラマです。

ただ単に病院に運ばれている患者さんの命を救うだけではなく、ドクターや看護師さんたちのプライベートライフ(生きざま)そのものにもスポットを当てているため、見応えはたっぷり。

ひとつの事件が解決されると、今度は次の悩みが気になり…一度見ると続きがとても気になります。

私がハマってるのは、メガネ男のマーク。

離婚というトラウマを経験しながら、プレイボーイへと転身を遂げる、実にお茶目な登場人物です。

見応えのある大人のヒューマンドラマを観たい方に、幸せをおすそ分けしてくれるドラマです。

・海外本格医療ドラマ「ER緊急救命室」に夢中になった訳

ドラマは国内と海外関係なく両方好きですが、海外ドラマの医療ドラマはあまり観ていない事に気付き、少しブームから遅れましたが最近「ER緊急救命室」に夢中になっています。

このドラマの中身は、タイトル通りなので説明不要だと思いますが、患者だけでなく医者やスタッフなどの人間模様も引き立たせる魅力となっています。

特にリアルな医療現場や手術などの緊迫感は、他の疑似医療ドラマとは大きくかけ離れて、観るたびに引き込まれていき、このドラマが連続シリーズとして人気を博するのが分かった気がします。

このドラマの影響だと断言できますが、国内にも医療ドラマが多く誕生しましたが、本家の「ER緊急救命室」を観てしまうと、そのクオリティの違いが明らかとなります。

万人のおススメの名作ですが、シーズン15まででそれぞれ20話以上あるので、敷居高く感じるのも事実ですね。

・「推しメン」を作って観たい「ER緊急救命室」

「ER(イーアール)緊急救命室」はアメリカで制作されたドラマです。

1994年から2009年まで331エピソードが放送されたロングヒットドラマで、日本でもNHKで放送されていました。

原作は「五人のカルテ」で作者はマイケル・クライトンです。

自身の医学生時代のエピソードが作品の基になっています。

ERの見どころは、救急救命室で働く医師や看護師たちの「リアルな日常」を描いているところです。

魅力的な登場人物による群像劇なので、漠然とストーリーを追うよりも、誰か「推しメン」を作って、その推しメンを中心にドラマを観ていくと楽しいと思います。

・世界中に医療ドラマブームを起こした「ER緊急救命室」

緊急救命室で働く医師や看護師の日常を、ドラマチックに描いたのが「ER(イーアール)緊急救命室」です。

初期シーズンが放送された90年代では、ほぼ毎週視聴率で1位を取った、大人気ドラマでした。

世界中に医療ドラマブームを起こし、日本では江口洋介と松島奈々子が主演した「救命病棟24時」に強い影響を与えています。

またアメリカのドラマらしく、豪華な俳優人が揃って登場しています。

特に人気が高いのがダグラス・ロス役のジョージ・クルーニーです。

この作品で人気を不動のものにした後、「オーシャンズ11」や「ゼロ・グラビティ」など、ハリウッド映画進出を果たしています。

・こんな救急室で治療されたい

救急で何度か搬送されたことがありますが、こんなER緊急救命室に搬送されたいと感じました。

それはなんといっても、チームワークがいいからです。

スタッフの動きを見ていると、それぞれが確実に自分の任務をこなしています。

その状態を見ていると、やっぱりプロは違うと思うことができました。

チームとして、とてもいいですね。医療の現場は、時間との勝負が多いです。

そしてER緊急救命室では特にそのことが大切となります。

そんな時、このER緊急救命室では時間との戦いを、チームワークで乗り切っていると感じました。

スタッフの質がいいと思います。

・ER緊急救命室は医療従事者も刺激を受ける

私は以前、病院で働いていたことがありました。

その時、緊急で運ばれてきた患者さんに対して、治療をサポートすることもありました。

そんな時、自分に自信がなく戸惑うこともあったのです。

そのため、その後は必死で勉強をしたのです。

ここでは、スタッフ全員が治療について自信をもって行っています。

医療の現場は、命を預かるところなので、このようなスタッフが必要です。

自信をもって、どんな患者さんも治療することが出きる、そんな意気込みがあるのです。

それは素晴らしい事ですね。

医療者の多くは、このER緊急救命室を見てモチベーションをアップさせている事でしょう。

・人間模様にも引き込まれます

ロングヒットのドラマですが、個人的にはシーズン1が気に入っています。

様々な人間関係や恋愛模様が描かれていますが、一番気に入っているのは、ベントンとカーターの掛け合いです。

ベントンは、アメリカに巣食っている人種問題の影響を受けたりして、ネガティブになることもある中、ERの中で欠かせない存在感を持つ医師として輝いています。

そして、医大生のカーターを指導することになりますが、カーターの初心者っぷりが、初めは笑ってしまうほどでした。

技術もですが、心も未熟なことが分かるシーンも多かったです。

上手な俳優さんですね。

ベントンに指導されて、がっかりしたり悔しい思いをしながらも、成長して、頼りがいのある医師になっていく、でもどこか抜けていて人間味がある。

それはベントンも同様。本当に見ていて飽きません。

テーマソングが脳内を巡っています。

・目まぐるしい展開とリアルな医療現場の社会派ドラマ

ER緊急救命室はとてもリアルな病院内での治療シーンが多く、見ていて現場の臨場感にドキドキする面白さがあります。

次々に担ぎ込まれる患者と向き合うことになる医師や看護師たちの真摯さが、迫力あるドラマになっています。

新人で入ってきた研修生がだんだんと成長していったり、プライドの高い医師が思い通りに行かない現実に悩んだり、とそれぞれの登場人物に愛着がわきます。

医療スタッフそれぞれに家庭の問題や悩みを抱えていて、人物の描きかたに厚みがある点も好きですね。

脚本がとてもいいんだと思います。

シリアスなシーンと遊び心のあるシーンとのメリハリもよくて、飽きさせないのでずっと見ていられます。

・グリーン先生を応援したくなる

名作医療ドラマです。

救命救急室という命のやり取りが日常的に行われている部署を舞台に、個性的な登場人物たちが繰り広げる群像劇は、大ヒットしたのもうなずける魅力に溢れています。

どちらかといえばシリアスなトーンのドラマかなと思いますが、随所に散りばめられたユーモアも楽しいです。

好きなキャラクターは何と言ってもグリーン先生。

心優しい誠実なお医者さんですが、どうにも悲しいトラブル続きで、迷走したり思い悩む姿を見るたびに応援したくなります。

また、シリーズ前半では、有名になる前のジョージ・クルーニーが演じるロス先生との友情も見どころの一つだと思います。

・まるでドキュメンタリーのようなドラマ

「ER緊急救命室」を初めて観たとき、日本の医療ドラマとの違いにとても驚きました。

登場人物たちは常に慌ただしく動き回り、突っ立ったままカメラに向かって説明するような描写は一切ない。

医者も患者も最善を尽くすが、奇跡はそうそう起こらない。

症状のリアルさも圧巻です。

まるで、本物の医療従事者と本物の患者を、本物の病院で撮影したドキュメンタリーのようで驚きました。

そんなERの中でも、シーズン10から登場したニーラ・ラスゴートラは特に印象深い人物です。

真面目で優秀だが患者と接するのが苦手、という性格には、親近感がわきます。

性格に反して恋多き女性なのも面白いところです。

ER緊急救命室はつまらない、面白くないというレビューや口コミも・・・

・展開が早すぎてついていけなかった

ER緊急救命室はアメリカでも大人気ということで見始めました。

ただとにかく人が動いていて、落ち着きがなく、展開も早く、落ち着いてみることができませんでした。

それがER緊急救命室の良さという人もいますが、私には合いませんでした。

ゆっくりとドラマを楽しみたい人には向いていない作品だと思います。

ER緊急救命室の海外での評価はどうなの?

ER緊急救命室はアメリカでの放送時ほぼ毎週視聴率1位を獲得するほど、人気の高かった作品です。

初回の放送時から1900万人と多くの視聴者を獲得し、シーズン2、3、5では年間で最も視聴された番組になったほどです。

さらにシーズン2のエピソード3では4800万人もの人が視聴し、視聴率45%をたたき出したほどです。

海外ドラマの中でもトップクラスに評価の高い作品ですね。

 

また評論家からの評価も非常に高くエミー賞の23部門を受賞するだけでなく、ゴールデン・グローブ賞、全米キャスティング協会賞、全米俳優協会賞全米監督協会賞、ピープルズ・チョイス・アワード、、全米脚本家協会賞、ゴールデン・リール・アワード賞など合計99部門で受賞するほどです。

医療ドラマが好きな人じゃなくても、見る価値がある作品ですよ。

ER緊急救命室はDVDやレンタルで見るよりもHuluがお勧め!

ER緊急救命室のDVDBOXを買うならこちらから

 

ER緊急救命室はDVD・BDを買ったり、レンタルで見ることもできますが、ビデオオンデマンドで見るのがお勧めです。

DVD・BDを買うと高いですし、レンタルだと借りたり返却したりが面倒ですからね。

それよりも一気に見れるビデオオンデマンドのHuluがお勧めです。

 

数あるビデオオンデマンドの中でも海外ドラマが一番豊富にそろっているのがHuluです。

他の配信サイトではシーズンごとに見放題じゃないこともありますが、Huluの場合はたいていそろっているのでお勧めですよ。

海外ドラマ好きならHuluに登録しておけば間違いなしです!

※定期的に作品が入れ替わるので、ER緊急救命室が配信されているかどうかはHuluの公式ホームページにてご確認ください。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す