海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ガタカのあらすじと感想~残酷な未来を産み落とす遺伝子操作~

ガタカ

・あらすじ:

遺伝子の解析が進んだ近未来では、産まれてくる子供たちは知能や体力などを「操作」された状態での出産が可能となっていた。

ヴィンセントはその遺伝子操作を受けずに出来る限り「自然な状態」で生まれたが、出産直後の検査で心臓に欠陥があること、そして90%の確率で余命が30歳ということが判明する。

ヴィンセントの両親はその後第二子を儲けるが、その子アントンは遺伝子操作で優秀な子供として誕生、それ以来ヴィンセントは弟アントンの優位性を見せつけられながら育っていく。

だがある日、ヴィンセントはアントンと遠泳の競争を行い、途中で危険を感じて泳ぐことをやめたアントンに勝ってしまう。
それをきっかけに、「遺伝子操作だけではない何か」を感じたヴィンセントは宇宙研究所「ガタカ」で清掃員の仕事に就職する。

宇宙飛行士になることを夢見るヴィンセントだったが、ガタカでは遺伝子採用を重視していた。

正規の方法では宇宙飛行士になれないと考えたヴィンセントは…

・見どころ:

ジャンルとしては「SF映画」にカテゴライズされるべき作品ですが、どこか「懐かしさ」を感じさせるレトロな作風が特徴です。

人間の優劣を「遺伝子」によって決めるという近未来の世界が舞台ですが、そんな世界において「不適合者」と決められた人はどうすれば良いのか、それがこの映画のテーマです。

この映画では主人公ヴィンセントと、彼に遺伝子を提供するユージーンという二人の人物の対比でストーリーを進めていきます。

二人の友情と哀愁が、マイケル・ナイマンの詩情豊かな音楽に合わせてさらにムーディーに盛り上がります。

素晴らしい映画には素晴らしい音楽、これはある意味常識のようなものですが、この映画もその例にもれずに素晴らしい音楽がついています。

・感想:

「遺伝子」だけが人間の優劣を決める、これは極端な話であり、映画の中だけの絵空事と思われがちですが、実際の現代社会でもそれに近いものがあるのではないでしょうか。

たとえばアスペルガー症候群やADHDなど、身体障害者とは似て異なる存在に対する目線は、「劣っている者」という目線であり、そんな人たちにとっては生きづらさを感じる世の中になっているのではないでしょうか。

この映画はSF映画という体裁こそとっていますが、こうした社会に対するアンチテーゼとして作られたのではないか、映画を見終わって思いました。

SF映画特有の派手さこそありませんが、まさに「隠れた名作」と呼ぶにふさわしい作品です。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す