海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

ニューヨーク東8番街の奇跡のあらすじと感想~ニューヨークに奇跡を起こす感動のSFファンタジー~

NY東八番街の奇跡

・あらすじ:

再開発が進むニューヨークの下町。

イーストサイドにある古いアパートでも立ち退きをめぐり不動産業者と住民たちの対立が続いており、フランクとフェイの老夫婦もそんなアパートに住む家族だった。

そんなフランクの部屋に、ある日空からUFOの「夫婦」がやってきた。

アパートの屋上に住み着いたこのUFOの存在はアパートの住民たちの知るところとなり、少しずつ彼らとの交流の末に絆が芽生え始める。

やがてUFOの夫婦の間には子どもが生まれるが、不動産業者のひとりカルロスによって父親のUFOが壊されてしまう。

UFOの子どもたちはそんな状況に驚き姿を消してしまうのだが…。

・見どころ:

この映画ではなんともユニークな姿の宇宙生物が登場します。

見た目はどこからどう見てもUFOにしか見えないのですが、彼(?)らは自我をもっており、ある意味トランスフォーマーのような

「機械生命体」のような存在です。

機械なのでテレビの部品などで「治療」(=修理)することができ、ちょっとヘンテコなアパートの住民たちとの交流が微笑ましい映画となっています。

また、途中でこの宇宙生物の間には赤ちゃんが生まれるのですが、この赤ちゃんUFOの行動も非常に微笑ましく可愛らしい描写です。

現在であれば間違いなくCG全開で作られるであろう彼らの描写も、公開当時にはまだCGがそれほど実用化されていなかったこともあり、全てミニチュアの「特撮」で表現されているという点も見逃せないポイントです。

・感想:

この映画にも宇宙生物が登場しますが、「敵」となるのは地球側の人間です。

それももともとの争いの火種が「不動産業者による地上げ」という点もリアルな話です。

宇宙生物が登場するものの、よくあるNASAなどのSFチックな団体は登場せず、とにかく「住民間トラブル」で話が展開し、そのうえ

なぜUFOが地球にやってきたのかという明確な理由についても説明がありません。

タイトルにある「奇跡」というのは、ラストシーンの驚きの展開にあるものの、この宇宙生物がやってくるという点も十分「奇跡的な話」だと思うので、「奇跡」の意味については人それぞれ異なるということでしょう。

出演者の一人であるジェシカ・タンディはのちに「ドライビング・ミス・デイジー」でアカデミー主演女優賞を受賞しますが、この映画でも抜群の存在感を発揮しており、SF映画でありながらちょっと毛色の異なる作品に仕上がっているのは彼女の存在なくしてはありえないでしょう。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す