海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

マン・オブ・スティールのあらすじと感想~心弱い青年から戦う鋼の男へ~

・あらすじ:

宇宙の彼方にある惑星クリプトン

しかし、そのクリプトン星は惑星としての寿命が尽きようとしていた

クリプトン星の科学者ジョー・エルは、生まれたばかりの息子カルを脱出ポッドに乗せて地球へと射出する。

長い旅の末に地球にたどりついたカルは、ジョナサンとマーサの夫婦に引き取られ、「クラーク」という名前を与えられる。

もともとクリプトン星人であるクラークは、幼少期より透視能力などの超能力に加えて高い身体能力をもっていた。

しかし、マーサはその能力を制御しなければならないことを教え、ジョナサンもまたクラークのもつ能力は人間の前で使うべきではないと諭す。

だが、そんなクラークの能力がある日クラスメイトを助けるためにその力を使ってしまう。

ジョナサンはクラークがクリプトン星からやってきた時に乗ってきた脱出ポッドと、その際にもっていた「遺品」を渡す。

自分はいったい何者なのか、なぜ地球にやってきたのか。

自身の出生の秘密を求めクラークの冒険が始まった。

・見どころ:

この映画はかの有名な「スーパーマン」のリブートです。

「スーパーマン」といえばクリストファー・リーヴのバージョンが有名ですが、この映画でクラーク・ケントを演じるのはヘンリー・カヴィル

彼をはじめこの映画はキャスティングが非常に素晴らしいと思います。

ヒロインであるロイス・レインを演じるのはエイミー・アダムス

彼女は「魔法にかけられて」で有名になりましたが、ジゼル姫とはまた違った可愛らしさが感じられました。

クラークの義父母であるジョナサンとマーサを演じるのはケビン・コスナーダイアン・レインの二人。

いずれも長いキャリアを積んでいる二人が年齢を重ねて「スーパーマンの義父母」を演じるというのは感慨深いものがあります。

特にケビン・コスナーは見事な父親役だったのではないでしょうか。

・感想:

この映画を見て思ったことは「ドラゴンボールみたい」という点です。

クリストファー・リーヴ版の「スーパーマン」は、それほど空を縦横無尽に飛び回ったりするイメージはなかったのですが、この「マン・オブ・スティール」では空を飛び回るスピード感にあふれています。

さらにビルに穴が空くほどの超絶アクションは、ちょうどドラゴンボールを実写にしたらこんな感じになるのではないかと思いました。

そういえばドラゴンボールはドラゴンボールで実写化されていましたが、こちらは爽快感とは程遠い完成度でしたね。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す