海外ドラマだけでなく名作映画も豊富です
海外ドラマバナー
↑とりあえずどんな作品があるか見てみる↑

未知との遭遇のあらすじと感想~宇宙にいるのは我々だけではない~

・あらすじ:

アメリカの国内である日突然原因不明の大規模停電が発生した。

発電所に勤めるロイは停電の原因解明と復旧のため作業に向かうが、そこで謎の飛行物体と遭遇する。

国内ではこうした謎の飛行物体UFOについての目撃情報が相次いでおり、飛行物体と遭遇した後のロイはまるで何かに取り憑かれたようにUFOの目撃情報を集めるようになる。

時を同じくして、インディアナ州に住む少年バリーがUFOに連れ去られるというアブダクション事件が発生、数々の謎の現象が続く中UFO研究者たちは地球外知的生命体(=異星人)からのコンタクトであることを確信するのだった。

・見どころ:

この映画には様々なバージョンがあることでも知られていますが、ストーリーの軸として一貫しているのは「異星人とのコンタクト」です。

異星人とのコンタクトを描いた作品には様々なものがありますが、この当時はほとんどが「地球侵略」がテーマでした。

そんな風潮の中「地球侵略」以外のテーマで異星人とのコンタクトを描いたこの作品は、非常に珍しいシチュエーションということで各方面から評価を受けると共に監督であるスティーブン・スピルバーグの名を世に知らしめることとなりました。

この特殊な世界観から超常現象を扱うテレビ番組では必ずといって良いほど映像素材が引用されており、映画本編を見たことがなくてもどんな映画なのかは多くの人が周知の通りではないでしょうか。

山から姿を現す巨大なUFOや、異星人に誘拐される人間などその後の映画に与えた影響は大きく、SF映画の「お手本」として多数の映画監督が参考にしたことでしょう。

それらの「オリジナル」としてぜひ見ていただきたいところです。

・感想:

この映画を見て感じることは、リチャード・ドレイファス演じるロイがどんどん「嫌な父親」になっていくことに対するたとえようもない不快感です。

最初はただの情けないオヤジだったのが、UFOに対する妄想に取り憑かれてからは家族を犠牲にしているような描写すらあるほどで、見ていてかなりツラく感じました。

おそらく観客のほとんどは円満な家庭で育ち、家庭を犠牲にする父親などといものはこの映画を含めてドラマの中でしか見たことがないと思いますが、それだけによけいに不快に感じるかもしれません。

リチャード・ドレイファス自身は「ジョーズ」や「オールウェイズ」などで好きな役者の一人なので、個人的にはこういう演技もできるのか、という目線で楽しむことができましたが、実際にこんな父親がいたらちょっと嫌ですね。

「ビデオオンデマンド」ランキング

1位:Hulu

他と比べて見放題の映画や海外ドラマがとても多い!

月額933円と手頃なので、過去の名作や海外ドラマ好きには、Huluが一番おすすめです。

今ならこちらから2週間無料トライアルで見ることができます。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

2位:U-NEXT

月額1990円とHuluと比べ2倍以上高いですが、付いてくるポイントで新作も見ることができます。

DVDやBDのレンタルで新作をよく見る人にはおすすめです。

30日間のお試し期間でもポイントがついてくるので、まずは試しに見てみるのがおすすめです。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

3位:amazon プライムビデオ

オリジナル配信もあるせいか、少しラインナップは弱めです。

少し暇つぶしできればいい人向けです。

ただプライム会員には見放題のビデオ以外にも見放題の本や音楽などもあるので、いろいろ使うならコスパは最強です。

>>とりあえずどんな作品が見れるかチェックする

コメントを残す